月別アーカイブ: 2016年6月

【6・19 日本共産党★新居浜決起集会】に、野党統一候補のながえ孝子さんも参加! ~オールえひめ~

「アベ政治を許さない! 今度こそ参院選で春名なおあきさんとながえ孝子さんを国会へ!」新居浜決起集会が6月19日、市内で開催され 約70名が参加しました。

初めに、6月15日に開催された 「全国決起集会」 での志位和夫委員長の報告DVDを視聴。

笑いも涙もあった志位委員長の報告には、支部会議で観るのとはまた違った感想を、みんなで共有できたのではないでしょうか。

********************

予定よりも早く到着した ながえ孝子 さん。

さっそくごあいさつ。

2016.6.19決起集会 ながえさん

自分の生い立ち、新居浜市での思い出、南海放送アナウンサーとしてはママ第一号だったこと、女性が働きやすい職場にするためにがんばってきたこと、一度国会に出てみてわかったことなど、ほんとうに元気にお話ししました。

2016.6 (7)

会場に来ていた女性も男性も、ながえ孝子さんのお話にじっと聞き入りました。

そのあと、小路きゆき比例予定候補が、ごあいさつ。

2016.6 (1)

「比例は日本共産党、選挙区はながえ孝子さんの声をもっともっと大きく広げていきましょう!私も全力でがんばります!」

2016.6.19決起集会 小路

と決意を表明しました。

最後に、日本共産党愛媛県委員会の林紀子委員長が、全国の経験、これまでの活動を確信にして、がんばろう!野党共闘でながえさんを、そして比例では日本共産党大躍進で、アベ政治を変えよう!と訴えました。

2016.6.19決起集会 林

************************

参加した人は、

「毎日毎日、アベ首相の顔をテレビで見るのがイヤ。庶民いじめの政権は、早くやめてほしい」

「ながえさんの話、よかったわ。みんなに言わないかんね」

と、口々に言いながら、次の会に向かうながえさんと握手。

2016.6.19決起集会 ながえ

泣いても笑ってもあと3日で公示日。

がんばりましょう!

2016.6.19決起集会がんばる

「ポスター張るもん、あるで?」と事務所を訪れた男性。ビラも持って帰り配ることに!

6月20日午後3時ごろ、新居浜市のお隣、西条市旦の上のY さんが事務所を訪れ、

「党のポスター張りとビラ配り」を、自ら申し出てくださいました。

この方は、白石洋一元衆院議員の応援もされていたということです。

今度の参議院選挙で、ながえ孝子さん 日本共産党 に期待をしているので、なにかお手伝いができないか?と、初めて事務所を訪ねてきてくれたのです。

そこで一色地区委員長が、わずかに残っていたながえさんの事前ビラとポスターをお渡し。

ながえ孝子さんの事前ビラは21日中に、公示後に「法定1号ビラ」100枚を配ると約束してくださいました。

志位さんのポスターは、なんと3枚も張ってくれることに!(21日までに)

201600316_poster-thumb-120xauto-16655

201600316_poster-thumb-120xauto-16655201600316_poster-thumb-120xauto-16655

 

 

 

 

 

そしてYさんは帰り際に、「自民党政治を早よやめさせないかん!」と決意を述べました。

小雨の降る中、おつかれさまでした。

201511-sensoho_A2_prasta_1-thumb-120xauto-15313201511-sensoho_A2_prasta_2-thumb-120xauto-15310201511-sensoho_A2_prasta_3-thumb-120xauto-15307

 

 

 

 

 

 

 

【憲法9条を守り安保法制を廃止する にいはま市民の会】 6月19日 街頭宣伝!

「今度こそ、アベ政権にだまされない、市民の力で政治を変えよう!」

6月19日(日)午後、新居浜市裁判所前交差点にて、【憲法9条を守り安保法制を廃止するにいはま市民の会】街頭宣伝がありました。

2016.6 (5)

「安保法制(戦争法)を廃止したい」と願う市民のみなさんと佐々木元市長、白石元衆院議員、川崎・高須賀両元市議、米谷・井谷・岡崎市議など33名が合同で宣伝!

2016.6.19超党派

「野党共闘でかならず勝利して、市民のいのち・くらしが守られる政治に変えていこう」

「7月10日は参議院選挙。権利を捨てずに、どうか投票に行ってください」

とリレートークでアピールしました。

2016.6 (3)

2016.6 (4)

自転車で通行する高校生・中学生からの「がんばってください」の声、病院へ行く途中の高齢者からは、「アベを早くやめさせて」の声があり、車の中からの声援も多数でした。

????????????????????????????????????
2016.619 「憲法9条を守り安保法制を廃止するにいはま市民の会」宣伝

 

なお、音の出る宣伝は、参院選公示前日21日まで。

子どもや未来のために。

できるひとができるときにできることを。

 

 

 

【6月15日、四国中央市でざっくばらん懇談会】 

【ざっくばらん懇談会】 in 村松町

6月15日(水)四国中央市村松町「老人憩いの家」にて開催され、地域の男性4名が参加しました。

お話は三谷つぎむ市議とひだか裕輔市青年対策委員長。

三谷氏は、介護・福祉・マイナンバーについて詳しく説明。また、老朽化で災害時に避難することができなくなっている村松公民館が、公費で修繕できるようになったこと、今度の参議院選挙では選挙区と比例の投票があることなど、お話しました。

ひだか裕輔氏は、戦争法(安保法制)が強行採決され、これに怒った若者が、自分の生活と政治を結び付けてみずから立ち上がっていること、憲法9条がいきる平和な社会をつくるため、みなさんとともにがんばる決意を語りました。

また、「どんな人生のスタートラインにたっても、人として大切にされる、幸せを追及する権利をもち健康で文化的な暮らしができる、このあたりまえのことを保障しているのが日本国憲法ではないでしょうか。この憲法にのっとってそうした社会を実現する、これが政治の役割ではないでしょうか」と語り、参院選で日本共産党を大きくのばすとともに野党共闘をおおきくひろげ、ながえ孝子さんをなんとしても国会へ送り出そうと話しました。

参加者からは、

「アベ政治はけしからん!はよう野党に勝ってもらわんと困る!」

「公民館を、はよ修繕してほしい」

「年金が少なすぎて病院にいけない」

など、感想や意見が語られました。