月別アーカイブ: 2016年12月

【みんなの力で 松田すみこさんを市議会へ!】 今治12/12 事務所びらき開催!

今治市議選まで40日あまり!

12月12日、常盤町で開催された松田すみこ事務所びらきは、事務所いっぱいの参加者。

にぎやかで勢いのある集会となりました。

初めに、山本五郎市議があいさつ。

これまで、高い国保税を引き下げ、子どもの医療費無料化の拡充を求めてきたが、まだ「中学校卒業までの医療費無料化が実現していない。愛媛の14自治体が実施しているのになぜ、今治市ができないのか。水道会計についても、引き続き松田さんに追及していただきたい。ぜひ、松田すみこさんへのご支援を、どうぞよろしくお願いします」

 

次に、松田すみこさん。

無駄な大型公共事業に市民の税金を使うのではなく、市民の福祉・くらし・医療に使うよう求めていく。原発は、福島の被害を見ても廃炉しかない。自然エネルギーへ転換していきたい。子供の医療費無料化を中学校卒業まで引き上げるのに、2億8千万円あればできる。4人の子育てをしてきた女性の議員として、子育て、若者にやさしい街づくりをしていく。毎議会報告は、引き継いでいくと、あいさつ。

 

【松田すみこ事務所】 今治市常盤町6丁目6-6 電話0898-25-3159

 

女性・業者後援会、各地域後援会のみなさんから発言があり、とりくみが進みつつあることと、まだ緒についたばかりで遅れを一気にとりもどす奮闘が必要だとの思いを共有する場となりました。

「電話で訴えているが、山本五郎議員が引退することにおどろき、松田すみこさんが候補者であることをまだ知らない人が多い。話せば理解し、支持してくれるので、とにかく急ごう」

「あなたが支持してくれるだけでは当選できない。松田すみこさんを市議会へ送り出すため、二人・三人と声をかけていただき支持をお広げください、と電話で訴えています」

「今治イオンが開店して、商店街は人通りがさらに少なくなっている。地域の小売店は廃業に追い込まれている。職安に求人しても、小さい事業所には応募がない。地場の事業所を大切にする市政でないと、ほんとに大変なことになる。日本共産党の議員が、どうしても必要だ!」

「市議選は、一票一票の積み重ね。確実に積み上げていかなければ」

など、貴重な体験や意見が次々と出されました。

 

「告示まで40日あまり。年末・正月をはさんであっという間に日は過ぎていく。12月が正念場。みんなの力でがんばろう!」

と、意思統一しました。

 

【12月12日(月)は今治へ!】松田すみこ事務所開きにお越しください。

来年2月に行われる今治市議選で、日本共産党から立候補を予定している松田すみこさん。

本日、12月12日(月)14:00~ 常盤町6丁目6-6にて、事務所びらきをおこないます。

【日本共産党☆今治市後援会ニュース】

 

今回は、日本共産党・山本五郎市議からバトンタッチして、松田すみこ氏(65歳、今治女性・児童対策部長・元保育士)が市議選に挑戦します。

定数が2減らされるなか、多数激戦の模様です。

松田すみこ必勝のため、事務所びらきに、ぜひお越しくださいますよう、ご案内いたします。

2016.12.4今治演説会にて (左から)仁比参院議員、山本市議、松田氏、一色氏

なお、主催は、日本共産党今治市委員会・今治市後援会です。

 

 

 

【西条市商店街で五市宣伝!】 2016.12.5

12月5日(月)西条市日本共産党後援会で、恒例の『五日市宣伝』(いつかいちせんでん)を元気いっぱい、行いました。

次期衆院愛媛3区予定候補の国田むつみさんと、来年2月に行われる西条市議会議員選挙の予定候補・山地みちかずさんが市民に訴え、後援会員4名が参加しました。

山地みちかず氏
山地みちかず氏

後援会員は、白川ようこ衆院比例予定候補のリーフを配りながら、

「五日市宣伝です。平和をまもるため、日本共産党はがんばっています。どうぞよろしくお願いします」

と、買い物客や通行人に渡しました。

国田むつみ・衆院3区予定候補

リーフは、よく受け取ってもらえて対話になりました。

高齢の男性は、「今は共産党しか信頼できる政党はない」と声援。

「共産党が、いま頑張りどきですよ!」との声かけもありました。

国田むつみ氏

白川リーフを読んで「いい候補ですね、期待してます」と、女性が話しかける場面も。

山地みちかず氏と国田むつみ氏、後援会のみなさん

西条市後援会では、毎月5日に、「五日市宣伝」を行っております。

もし、見かけたら、ぜひ、お声をおかけください。

 

 

【12・4日本共産党演説会in今治】に約100名が参加!  「母と子・市民の願い実現」のため松田すみこ、がんばります!

12月4日(日)午後、今治市内で日本共産党演説会が開催され、市民ら約100名が参加しました。山本五郎市議から議席を引き継ぐため、来年2月に行われる今治市議選に立候補を決意した松田すみこ氏(65)が、決意表明。仁比そうへい参院議員も駆けつけ、国会でのたたかいと連帯してたたかってきた山本五郎市議の活躍をねぎらい、その議席を引き継ごうと勇気をもって立ち上がった松田すみこ氏への支援を、参加者に訴えました。日本共産党愛媛県委員長の林紀子氏も、「なんとしてもご支援を!」と訴え。新人・肝っ玉母さん、松田すみこ氏への温かいぬくもりのある演説会となりました。

日本共産党今治市委員会史上初めての、演説会前の「うたごえ」。仁比さんはじめ参加者にも歌詞をお渡しして「ふるさと」 「四季の歌」 「青い空は」を、みんなで熱唱。こころ温まる歌声が、会場のすみずみまでゆきわたりました。

20161204%e4%bb%8a%e6%b2%bb%e6%bc%94%e8%aa%ac%e4%bc%9a%e3%80%80%e3%81%86%e3%81%9f%e3%81%94%e3%81%882

 

はじめに、これまで6期22年間、市議としてがんばってきた山本五郎氏が登壇。

20161204%e4%bb%8a%e6%b2%bb%e6%bc%94%e8%aa%ac%e4%bc%9a-%e5%b1%b1%e6%9c%ac%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%92

「みなさまのおかげで、今日まで市議としての活動をすることができました。本当にありがとうございました。松田さんは、人の集まるところでは、いつも、周りの人を笑いの中に誘います。人の痛みを知る松田すみこさん。保育士として39年、子どもや母親の願いを受け止め、その解決にも奔走してきました。自身の子どもさんも4人おられます。まさに、肝っ玉母さん。今度は、【今治の肝っ玉母さん】として、平和をまもるため、市民のいのち・くらしをまもるために活躍してくれることと思います。どうかみなさん、私に倍するご支援を、松田すみこさんへ、よろしくお願いいたします」とあいさつ。

 

次に、次期衆院2区予定候補として3日に発表された一色一正・東予地区委員長があいさつ。

20161204%e4%bb%8a%e6%b2%bb%e6%bc%94%e8%aa%ac%e4%bc%9a-%e4%b8%80%e8%89%b2%e3%81%95%e3%82%932

「安倍暴走政治がとまりません。年金カット法案、TPP関連法案、カジノ解禁推進法案など毎週のように強行採決をおこなっている自民公明維新。平和をこわす安保法制など、国民の生活に直結する問題ばかりです。このたび、今治を含む衆院2区候補として決意いたしました。どうぞよろしくお願いいたします」とあいさつし、「今治の地場産業を守るため、市議会と国会をつなぐ懸け橋として、どうしても松田すみこさんに市議になっていただきたい。たいへんですが、ご支援・ご協力をよろしくお願いいたします」と、来年2月に行われる市議選への支援を、力強く訴えました。

 

次に、日本共産党今治市女性・児童対策部長の松田すみこ氏が登壇。

20161204%e4%bb%8a%e6%b2%bb%e6%bc%94%e8%aa%ac%e4%bc%9a-%e6%9d%be%e7%94%b0%e3%81%95%e3%82%932「私は保育士として39年働き、その後も子育て・医療・介護など福祉にかかわってきました。母親や高齢者・働く人々の声を市政に届け、それを実現するため、山本五郎市議からバトンタッチを受け、立候補を決意いたしました。どうぞよろしくお願いします」とあいさつした松田すみこ氏。

自身は、NPT再検討会議へ向けて「核兵器廃絶」署名を集め、2005年から3回(5年ごと)、ニューヨークへ行き、国連へ署名を届けてきました。広島・長崎で開かれる原水爆禁止大会には毎年参加しています。

「私は、子育て応援政治として『中学校卒業までの医療費を完全無料化』してまいります。安心の老後を支えるため介護保険料・利用料の引き下げを求めてまいります。今年、長年のみなさんの運動で実現した『住宅リフォーム助成制度』を、さらに充実させてまいります。また、災害に強い今治市にするため、早急に対策を求めてまいります」など、公約を述べ、「どうか私を市議会へ送り出してください」と強く訴えました。

20161204%e4%bb%8a%e6%b2%bb%e6%bc%94%e8%aa%ac%e4%bc%9a-%e3%83%93%e3%83%a92

 

いよいよ仁比そうへい参院議員のお話です!

20161204%e4%bb%8a%e6%b2%bb%e6%bc%94%e8%aa%ac%e4%bc%9a-%e4%bb%81%e6%af%94%e3%81%95%e3%82%93%ef%bc%93

国会中にもかかわらず、はるばる今治まで駆けつけてくださったのには、理由がありました。

これまで、「保険証取り上げ問題」など、市議会でのたたかいと国会活動をつなげてきた山本五郎市議。この大事な日本共産党の議席をぜったいに失ってはならないと、連絡を受けた時に、二つ返事で受けたとのこと。今治のたくさんある島々のすみずみにまで、「松田すみこ」のご支持をお広げください、と訴えました。

仁比氏は、アベ政治の暴走について詳しくお話。

20161204%e4%bb%8a%e6%b2%bb%e6%bc%94%e8%aa%ac%e4%bc%9a-%e4%bb%81%e6%af%94%e3%81%95%e3%82%932

南スーダンでの状況と自衛隊の危険な活動、国民の生活を破壊するTPP承認案・関連法案の強行採決、トランプ次期大統領へのすり寄り。そして巨大企業のタックスヘイブン脱税について実態を述べ、「いま、日本と世界の政治家に求められているのは、ゆきづまっているグローバル資本主義をこのまま推し進めることではなく、【国民のくらし・経済をまもるルール】をしっかりとつくることではないでしょうか」と、訴えました。

しかし、いま、アベ政権に手綱を握られた自民・公明の政治家たちは、「まちがっている」と思っていても、上に堂々とものを言うことができません。

国会では、「年金カット法案」をはじめ国民いじめの法案が、会期を延長してまで次々と強行されている、ぜったいに許せない。市民と野党がスクラムを組んだ「大義を掲げた本気の野党共闘」を衆院選でもとりくめるよう、ご一緒にがんばりましょう!と力強く訴えました。

20161204%e4%bb%8a%e6%b2%bb%e6%bc%94%e8%aa%ac%e4%bc%9a-%e3%83%90%e3%83%b3%e3%82%b6%e3%82%a42

 

次に、日本共産党愛媛県委員会の林紀子委員長が登壇。

20161204%e4%bb%8a%e6%b2%bb%e6%bc%94%e8%aa%ac%e4%bc%9a-%e7%9c%8c%e5%a7%94%e5%93%a1%e9%95%b72なんとしても、「市民のいのち・くらしを守る」日本共産党と松田すみこさんに、大きなご支持・ご支援を!と訴えました。

 

最後に、後援会副会長の沢田氏から。

20161204%e4%bb%8a%e6%b2%bb%e6%bc%94%e8%aa%ac%e4%bc%9a-%e5%be%8c%e6%8f%b4%e4%bc%9a%e9%95%b72「今治16万市民の切実な願いを市政に届け、その実現めざしてがんばる松田すみこさんを、なんとしても市議に押し上げていただきますよう、よろしくお願いいたします」とあいさつ。また、「松田事務所は常磐町にあります。ぜひ、お気軽にお越しください」と述べました。

***************************

演説会にご参加くださったみなさん、募金にご協力くださったみなさん、ありがとうございました。議員の仕事は「市民のいのち・くらしを守る」こと。行政のムダづかいをチェックし、「オール与党」議会からチェンジして、「市民の声がよく通り、願いが実現する市」に向けて、日本共産党は全力でがんばります。

ご支援・ご協力を重ねてお願いいたします。