【19日行動! 超党派が集まり23名が朝宣伝!】 ~「憲法9条をまもり安保法制をなくす会」~新居浜市

2017年6月19日 新居浜市内の超党派議員・元議員らでつくる「憲法9条をまもり安保法制をなくす会」が、定例の19日行動を行いました。

朝7時から8時まで1時間、裁判所前において、通勤する労働者や市民の方々に、共謀罪の危険性やアベ政権の暴走について、リレートークで訴え、アピールしました。

参加したのは、佐々木龍・元市長はじめ、日本共産党の井谷ゆきえ市議、岡崎ひろし市議、現職市議や元市議、そして、この行動に賛同する市民、計23名です。


車の中から手を振ってくれたり、あいさつをしてくれる通勤途中の方々も。

安倍自公政権によって強行採決された「共謀罪」法と安保法制を、市民と野党の共闘で、なんとしても廃止させましょう!

また、今治の加計学園問題では、国会が終わっても次々と新しい資料が出てくるなど、疑惑は深まるばかり。
安倍政権は一刻も早く、野党の求めに応じて臨時国会を開き、疑惑の解明をするべきではないでしょうか。

なお、19日行動は、毎月行われています。
「憲法9条をまもり、安保法制=戦争法をなくす会」に賛同いただける方なら、どなたでも参加できます。

お気軽に、ご参加ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です