【加計学園 獣医学部】新設認可答申を批判 ~愛媛県今治市~

(しんぶん赤旗 2017.11.14付より)

「加計」認可答申を批判  【愛媛・今治】
市民ネットなど声明

************

文部科学省の大学設置・学校法人審議会が加計学園獣医学部新設を認める答申を出したことを受け、地元・愛媛県今治市の「獣医学部誘致問題シンポジウム実行委員会」と「今治市民ネットワーク」は13日、市内で合同の記者会見を開き、改めて疑惑解明などを求める見解と声明をそれぞれ発表しました。

実行委員会責任者の松田澄子・日本共産党市議は、
「今回の認可には、危険な病原体を扱う上での安全確保の面や獣医学部新設の4条件に合致していないことなど、数々の問題点がある」
と指摘。

実行委員の一色一正氏(日本共産党東予地区委員長)は、
「国政の私物化に市が関与した可能性がある。市長自ら、市民の疑問に積極的にこたえる必要がある」
と述べ、建設費の詳細が不明な点や、市に設置された第三者機関のメンバーに守秘義務を課したことなどの問題を列挙しました。

ネットワークの藤原俊孝・共同代表は、
「いまなお、国民への説明は不十分」
と述べ、国家戦略特区での決定過程への首相の関与や、設置審が獣医学部新設の4条件の審査を回避した点を批判。
「答申」などを取り消し、検証するよう、求めました。
*****************

以上、「しんぶん赤旗」からの転載です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です