【三好ひとし氏・ひだかゆうすけ氏・島勝之氏の擁立決定】 2020年11月任期満了の四国中央市議選!ーー日本共産党東予地区委員会

日本共産党東予地区委員会は、11月27日任期満了の四国中央市議選(定数22)に、三好ひとし氏(現)、ひだかゆうすけ氏(現)、島勝之氏(新)の擁立を決定しました。

🌼三好ひとし氏は、四国中央市職員、旧川之江市職員組合委員長などを歴任。一級建築士。現在、市議2期目(68)です。四国中央市議会総務市民委員、日本共産党東予地区委員、川之江9条の会代表世話人として、おもに旧川之江地域を活動地域として駆け巡っています。

三好平・四国中央市議

 

🌼ひだかゆうすけ氏は、松山東高校通信制過程卒、放送大学卒。介護福祉士、介護の現場で7年4カ月働き、現在、市議1期目(39)です。四国中央市議会教育厚生委員、日本共産党東予地区委員として、おもに旧三島地域を活動拠点として相談活動に奔走しています。

ひだかゆうすけ市議

 

🌼島勝之氏は、土居町天満在住(73)。県立新居浜工業高校卒。旧川之江市の製紙機械製造会社で働き定年退職。現在、宇摩労連議長、「戦争法廃止をめざす四国中央市の会」代表、日本共産党土居支部長として、主に土居町地域を活動拠点として市民の相談解決に奔走しています。

島 勝之氏

なお、市議として5期奮闘してきました青木永六市議は、任期末で勇退することになりました。これまでの温かいご支援、ご協力本当にありがとうございました。ひきつづき、島勝之氏へのさらなるご支援を、よろしくお願いいたします。

「市民のいのち・暮らし一番の市政」をごいっしょにつくっていきましょう。どうぞご支援よろしくお願いいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です