えひめ【四国中央市議選】 日本共産党は3候補とも当選しました!

11月13日投開票の四国中央市議選。

定数4減の22議席を28名の立候補でたたかった大変きびしい選挙でしたが、多くのみなさんの期待を受けて、青木永六・三好ひとし・ひだか裕輔の3氏は、みごと当選しました。

dsc_0027%e5%bd%93%e9%81%b8%e3%82%92%e5%96%9c%e3%81%b6
当選を受けて万歳する(前列左から)ひだか裕輔・青木永六・三好ひとし各候補と支援のみなさん

08c_0065

市民文化ホールの建設費用を32億円も減らし、中学校卒業までの医療費を県内で初めて無料化させた市議団の実績。

さらに高校卒業まで無料化を引き上げようと、選挙戦で力強く訴えました。

また、国保料の引き下げや「住宅リフォーム助成制度」の予算を増やして地域経済を活性化させることなどを公約に掲げ、地域の代表、また、市政をチェックする役目としての議席を守り抜きました。

3%e6%b0%8f%e3%81%8c%e6%8f%a1%e6%89%8b
公約実現に向け決意をかためる3氏。(左から)ひだか裕輔・青木永六・三好ひとし各候補

【開票結果】100%

⑬位当選 ひだか裕輔氏(新)1,674票

⑮位当選 青木永六氏(現) 1,517票

⑯位当選 三好ひとし氏(現)1,488票

 

四国中央市議選への、地区内のご支援はもちろん、中予・南予地区ならびに遠く県外からのご支援・ご協力もあり、たいへん力をいただきました。

ビラ配り、アナウンサー、電話かけ、支持拡大など、おつかれさまでした。

おかげさまで、3候補とも元気にたたかうことができました。

 

東予地区では、引き続き来年に向けて地方選挙が続きます。

体力を保ちながら、がんばりましょう!

◎今治市議選 来年1~2月

◎西条市議選 来年2月

11c_1070

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です