【西条市議選】 日本共産党の青野たかし・山地みちかず両候補が、みごと当選! ご支援ありがとうございました!

2月19日投開票の西条市議選。

定数30に32人が立候補して、日本共産党の青野たかし候補(74・現))と山地みちかず候補(60・元)が、みごと当選いたしました。

投票率は、56.26%。

西条市は、旧西条市・旧東予市・旧小松町・旧丹原町が2004年11月に合併。

合併後、4回目の選挙でした。

 

青野たかし候補は、旧東予で活躍。

「学校給食を無料に!」

「大企業・大金持ち優遇ではなく、市民のくらしに直結した税金の使い方を」

「価格保証で西条の農業を守る」

などと、市民に訴え、2133票余を獲得しました。

 

 

山地みちかず候補は、旧西条・小松・丹原をかけめぐり

「国保税のひとり一万円の引き下げを!」

「住宅リフォーム助成制度の実現で、中小業者に仕事おこしを」

などと、市民に訴え、1272票を獲得しました。

 

この選挙で、前回、一人だった日本共産党の議席を、倍増させることができました。

市内外からのご支援・ご協力、ほんとうにありがとうございました。

「市民のいのち・くらし一番の市政」めざし、公約実現のため、日本共産党西条市議団は、がんばります。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です