【四国中央市長選】 三谷つぎむ氏(日本共産党元市議)が出馬表明!  ~四国中央市の未来をつくる会~

2月22日(水)午後、日本共産党元市議の三谷つぎむ氏(76)が「四国中央市の未来をつくる会」の支援を受けて、四国中央市長選挙(4/16告示・4/23投開票)に、無所属統一候補として出馬することを表明いたしました(記者会見)。

四国中央市長選に出馬表明した三谷つぎむ氏

三谷つぎむ氏は34年間、日本共産党市議会議員として住民の幸せを願い、活動。

夫を早く亡くし、シングルマザーとして3人の子育て、母親の介護をするなか、社会の矛盾をただす「肝っ玉母さん」として、市議の活動に全力を注いできました。

地域では、医療・福祉をまもり中核病院をつくる運動、国保料の引き下げ、市民文化ホール予算の見直し、中学校卒業までの医療費完全無料化、住宅リフォーム助成制度の創設などにとりくむとともに、労働者の非正規雇用、ワーキングプアの改善など市民運動と連帯して大きな役割を果たしてきました。

また、こよなく日本国憲法を愛し、「だれの子どももころさせない」「若者をぜったいに戦場には送らせない」と、草の根から運動。

市民の願いと矛盾する現市政を変えるため、多くの市民の期待にこたえ、今回、市長選に出馬することを決意いたしました!

2017年2月22日 福祉会館にて記者会見(左から3人目が三谷氏)

無所属統一候補として三谷つぎむ氏を擁立した「四国中央市の未来をつくる会」では、「いのち・くらしを大切にする市政をつくりたい」と願う広範な市民と力をあわせ、四国中央市から新しい地方自治の流れをひろげ、「市民が主人公」の市政を実現することを心から訴える――としています。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です