【4・16 四国中央市長選 告示!】 三谷つぎむ氏が出発式 「市政初の女性リーダー誕生へ!」

愛媛県四国中央市長選が、4月16日に告示(23日投票)されました。

日本共産党前市議で、「四国中央市の未来をつくる会」の三谷つぎむ候補(76)=無所属・新、日本共産党推薦が立候補。

現職の篠原実氏(67)=無所属・現、自民・公明推薦との一騎打ちです。

市内にある事務所では、朝から支援者が続々と集まり、午前9時から出発式がおこなわれました。

出発式にお集まりのみなさん

党・愛媛県委員長の林紀子氏をはじめ、新社会党の鈴木義博支部長、田中克彦県議、一色一正東予地区委員長、宇摩民商会長、青木永六市議、三好平市議が出席し、ながえ孝子氏と白川よう子氏からのメッセージが読み上げられました。

党・愛媛県委員長
青木永六市議
メッセージ代読

三谷つぎむ候補は、「国と一体となって住民いじめをしている現市政を切り替え安心であたたかく住みよい街づくりをすすめます」と訴え。

三谷つぎむ 市長候補

続けて、「そのために、私がお約束することは、まず、市長の給料を半分にして、4年間で2千万円にもなる退職金を、受け取らないことです。浮いた5千万円は、市民のくらし・福祉にまわします。

子どもたちが安心して学校に行けるよう、学校給食は無料にして、高校卒業までの医療費を無料にします。保育料は第3子から無料にして、将来すべての保育料を無料にします。

財源はあるのです。市民のみなさんが一生懸命払ってきた税金の使い方を変えるだけで、財源を生み出すことができます。

三谷つぎむ候補の第一声

また、高齢者にやさしい社会をつくるため、デマンドタクシー代を半分の200円にして、利用しやすくします。高すぎる国保料は一人1万円引き下げて、介護保険料・利用料も引き下げます。今まで、苦労してずっと払ってきたみなさんが、安心して使える制度にしていきます」

と訴えました。

三谷候補 声援を受けて

参加者は、うんうんとうなずき、大きな拍手で声援しました。

最後に、全員で「ガンバロー」三唱!

ガンバロー三唱!

力いっぱい出発していきました。

三谷つぎむ候補 出発!

 

 

【三谷つぎむ事務所】

住所:四国中央市三島中央1丁目1-2 幸ビル1階

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です