加計学園獣医学部問題を語る講演会 2月3日開催

 加計学園獣医学部問題を語る講演会

 
 と き:2月3日土曜日 午後2時から
 ところ:今治市公会堂(今治市別宮町1の4の1、市役所横)
 講 師:前川喜平氏(前文部科学省事務次官)
 入場無料
 講演の後、質疑応答(用紙で提出)の機会があります。
 主催は、前川喜平氏講演会実行委員会  
 多くの方のご参加をお待ちしています。

【加計学園 獣医学部】新設認可答申を批判 ~愛媛県今治市~

(しんぶん赤旗 2017.11.14付より)

「加計」認可答申を批判  【愛媛・今治】
市民ネットなど声明

************

文部科学省の大学設置・学校法人審議会が加計学園獣医学部新設を認める答申を出したことを受け、地元・愛媛県今治市の「獣医学部誘致問題シンポジウム実行委員会」と「今治市民ネットワーク」は13日、市内で合同の記者会見を開き、改めて疑惑解明などを求める見解と声明をそれぞれ発表しました。

実行委員会責任者の松田澄子・日本共産党市議は、
「今回の認可には、危険な病原体を扱う上での安全確保の面や獣医学部新設の4条件に合致していないことなど、数々の問題点がある」
と指摘。

実行委員の一色一正氏(日本共産党東予地区委員長)は、
「国政の私物化に市が関与した可能性がある。市長自ら、市民の疑問に積極的にこたえる必要がある」
と述べ、建設費の詳細が不明な点や、市に設置された第三者機関のメンバーに守秘義務を課したことなどの問題を列挙しました。

ネットワークの藤原俊孝・共同代表は、
「いまなお、国民への説明は不十分」
と述べ、国家戦略特区での決定過程への首相の関与や、設置審が獣医学部新設の4条件の審査を回避した点を批判。
「答申」などを取り消し、検証するよう、求めました。
*****************

以上、「しんぶん赤旗」からの転載です。

【総選挙でのご支援、ありがとうございました!】 衆院愛媛2区・3区

長雨と台風に見舞われた総選挙でした。

日本共産党東予地区委員会は、地区委員長と常任委員が愛媛2区と3区の候補者になり、とてもたいへんな選挙でしたが、みなさまからの激励のお電話や、宣伝でのあたたかいご声援に支えられ、がんばることができました。

みなさんのご支援に感謝するとともに、力不足で申し訳ありませんでした。

**************

結果をご報告いたします。

【四国比例ブロック】日本共産党 白川よう子氏(51)118,826票(得票率7.37%)

【愛媛2区】日本共産党 一色一正氏(67)10,525票。(第4位)

【愛媛3区】日本共産党 国田むつみ氏(65)6,226票。(第3位)

**************

残念ながら、比例・選挙区とも、議席に結びつきませんでした。

 

しかし、野党共闘は前進しました。

東予地区では初めて、新社会党との連携が深まり、全国では、日本共産党が立候補を取り下げたところで多くの野党統一候補が当選いたしました。

今後も、立憲野党として市民のみなさん、野党のみなさんと共闘していき、安倍政権の改憲をストップさせるため、がんばります。

みなさん。日本共産党へのご意見・ご要望など、ぜひ、コメントをお願いいたします。

普段からサポートしていただける「JCPサポーター♫」も、募集しています。

今後とも、日本共産党を、どうぞよろしくお願いいたします。