【えひめの原発はえひめで止める!】 新居浜キックオフ集会 9・15

「原発のないくらしを考える新居浜市民の会」は15日、市内で「新居浜キックオフ集会」を開き、各団体から約30名が参加しました。

松山に拠点を置く「原発のない暮らしを求めるえひめ県民署名の会」では、四国電力方原発の即時停止と廃炉をめざし、2017年度中(2018年3月末)までに、県内30万署名に取り組んでいますが、これに呼応して開いたものです。

「新居浜市内で3万筆をめざそう!」と、和田宰さん(えひめ県民署名の会事務局員)による学習講演と、各団体からの代表による決意表明がありました。

 

まず、共同代表である近藤康夫さん(新居浜高専名誉教授)からあいさつがありました。

「最近、福島を訪ねました。避難指示が解除された浪江町は、まだ一面廃墟でした。人々を犠牲にして経済優先で原発を再稼働しようとする現政権は、許せません。原発をなくすという一点で、力をあわせましょう」とあいさつ。

次に、和田宰さんによる学習講演。

講演で和田宰さんは、「今年6月1日にスタートした県民署名では、各地でいろいろと工夫しながら進めています。定時定点を決めてやっている方、地図で区切り、各家庭を訪問している方、気軽にだれでも配れるリーフをうまく活用している方など、ご紹介します」と、これまでのやり方だけではなく、思い切った工夫で、「30万筆を集め切ろう!」と訴えました。

そのあと、各団体から決意表明。各団体での目標と意気込みを語りました。

石川県議(社民党)
曽根さん(共同代表)
石井さん(年金者組合)

岡崎さん(新日本婦人の会)

広瀬さん(日本キリスト教団)

井谷ゆきえ市議(日本共産党)

岡崎ひろし市議(日本共産党)

 

石津さん(愛媛医療生協)

福田さん(市民代表)

松木さん(新居浜協立病院)

真鍋さん(新社会党)

他、新居浜労連からも参加がありました。

 

最後に、末田さん(新居浜労連)のあいさつで、「ガンバロー」と決起しました。

新居浜のみなさん、

危険で不安な伊方原発。

これを止めるには、みなさんの力が必要です。

ぜひ、署名にご協力をお願いいたします。

 

 

 

 

【四国いっせい宣伝! 新居浜では国田むつみさんがトーク】 #毎月第3金曜日

毎月、第3金曜日の「四国いっせい宣伝」。

「四国から日本共産党の国会議員を!」と四国4県でいっせいにおこなわれています。

9月は15日。

新居浜では、国田むつみさんも参加し、裁判所前で後援会員ら19名が市民にアピールしました。

井谷ゆきえ市議、岡崎ひろし市議も参加し、4名がリレートーク。

リレートークで岡崎ひろし市議
リレートークで井谷ゆきえ市議

国田さんは、「安倍首相は、憲法9条に自衛隊を書き込むと公言しました。自衛隊のみなさんを危険にさらし、アメリカと一緒になって戦争する国にするのは、許せない。自衛隊は、専守防衛と災害対策に徹するべきです」

国田むつみ氏(衆院3区予定候補)

「市民と野党の共闘で、憲法9条を守りましょう。野党共闘のかなめ、日本共産党への大きなご支援を」と訴えました。

国田むつみ氏

ご通行中のみなさん、ご声援、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

雨の中、衆院3区予定候補の国田むつみさんが街頭演説しました。

台風18号が近づく16日(土)、小雨の中、国田むつみさんが新居浜市内で街頭演説をおこないました。

国田むつみ氏

市内5カ所で宣伝。

北朝鮮問題では、「今こそ対話に踏み出す時です。国連で採択された『核兵器禁止条約』を力に、核実験をやめさせ、ミサイル発射もやめさせましょう」と訴えました。

原発問題では、「まもなく停止する伊方原発。そのまま廃炉にしていきましょう。廃炉にするにも、約40年かかるといわれています。福島原発の事故処理に、21兆円もかかることがわかりました。事故を起こさなくても放射能は出続けます。一刻も早く止めさせようではありませんか」と訴えました。

車や歩行者からのあたたかい手振りが、大きな力になります。

ありがとうございました。

 

【9・23街頭演説のお知らせ】新居浜で街頭演説会! ぜひ、ご参加を!

きたる9月23日(土)13:00~ 新居浜市中央公園(市役所北側)にて、街頭演説会をおこないます

白川よう子・党四国ブロック国政対策委員長(衆院比例予定候補)と、国田むつみ・衆院3区国政対策委員長(衆院3区予定候補)がお話しします。

 

加計学園問題、北朝鮮問題など、あなたの気になるお話、どうぞお聞きください。

なお、入場は無料です。

どなたでも、お気軽にお越しください。

(お車で来られる方は、公園横パーキングエリア、市役所駐車場等を、ご利用ください)

****************************************************

とき:2017年9月23日(日)13:00~

ところ:新居浜市繁本町3番 中央公園内

入場:無料

主催:日本共産党東予地区委員会

******************************************************

 

 

 

今治市で「獣医学部誘致問題 第2回シンポジウム」が開催され、110名が参加! #加計学園問題

2017年9月6日(水)今治市内で、「獣医学部誘致問題 第2回シンポジウム」が開かれ、市民ら110名が参加しました。

パネラーは、小淵(こぶち)港・愛媛大学名助教授、三浦眞清・元銚子市議(日本共産党)、一色一正・日本共産党現地対策委員会責任者の3名。

コーディネーターは、越智・今治各界連副会長です。

小淵氏は、今でも多額の借金を抱えている今治市の財政状況から、もし、加計学園に補助金を出すと、市民の負担が大きく増えることを、数字を出して説明。

借金返済のために、福祉や市民サービスにしわ寄せがいくことを、詳しく述べました。

三浦氏は、千葉県銚子市に、加計学園の千葉理科大学が誘致された経緯を紹介。

当時の市長が、都合の悪い情報は隠し、耳当たりのいい情報のみを出し続けたこと、「市が活性化する起爆剤となるなどと言っていたが、人口は減り続けて、いま、年に4億円の借金を返済している」と警鐘を鳴らしました。

また、一色氏は、「市と学園側との協定書には、『今治市内の企業を活用するよう、最大限務める』とあるが、初めから、岡山県の二つの企業に建設を発注した。すでに『経済効果』は消えてしまっている」と指摘しました。

最後に、この会として「菅・今治市長と柳澤・岡山理科大学学長にあてた公開質問状」を全会一致で採択。質問状の締め切りは、9月末となっています。

その後、質疑応答の時間が設けられ、次々と手が上がり、時間が足りないほどでした。

引き続き、「今治獣医学部誘致問題シンポジウム実行委員会」では、シンポジウムを行う予定です。このホームページでも、ご紹介していきます。