「井谷ゆきえ市議」タグアーカイブ

2/22 「全党決起集会inにいはま」に52名が参加。意気高くガンバロー!

2月22日(金)新居浜市内でひらかれた「統一地方選挙勝利へ!日本共産党決起集会inにいはま」に、52名が参加し、4月におこなわれる市議選での勝利のため決起しました。

岡崎ひろし市議

まず、岡崎ひろし市議のあいさつに続き、伊藤学党地区副委員長から、「どんなことからでもかまいません。全党・全後援会員の活動にしていこうではありませんか」と訴え。

伊藤地区副委員長

 

井谷ゆきえ市議は、議会での党の議席の大事さを訴えました。

井谷ゆきえ市議

2月市議会では、就学援助制度について質問。いま、市内の子ども世帯の10%が利用しているが、全国で、多い所では40%が利用している。だれでもお金の心配なく教育を受けられるよう、積極的に保護者に知らせてほしいと要望したこと。また、国会で日本共産党が、高すぎる国保料の「均等割り」をなくすことを提案し、岩手県では子どもの「均等割り」を免除することがきまったことから、新居浜市でも値上げなどしないよう要望したことなどを述べました。

さらに、「市民のみなさまの声を議会にとどけ、『市民のいのち・くらし一番の市政』にするため、かたひらえみさんと共に市議会へ送り出してください。どうか、ご支援を!」と訴えました。

 

かたひらえみ党市女性青年相談室長は、地域での活動報告で、ごあいさつに行くと逆に励まされていると述べました。

かたひらえみ党市女性青年相談室長

かたひらさんは、政治に興味のなかった人が「初めて国会TV見たよ。共産党の人はええこと言よるねー」と言ってくれたことなどを紹介し、「岡崎ひろし市議から大事な議席を引き継ぎ、井谷ゆきえさんと共に『一人ひとりが大切にされる社会』めざしてがんばります!どうぞご支援を!」と訴えました。

その後、井谷・かたひら両選対から10人が決意表明。活動での苦労や経験を詳しく報告しました。特に、新しく党に入った人がビラ配りや電話かけでがんばってくれて、隔週だった支部会議も毎週開かれるようになったことに、大きな拍手が湧きました。

最後に全員で、ガンバロー三唱。

***************

 

【元旦宣伝へのご協力 ありがとうございました!】 日本共産党新居浜市議団2019.1.1

2019年 あけましておめでとうございます。

旧年中は、たいへんお世話になりました。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

 

日本共産党は、元旦から各地で宣伝行動を繰り広げ、市民にごあいさつ。

新居浜市では、市議団が宣伝カーで市内13カ所で訴えました。

井谷ゆきえ市議
かたひらえみさん

井谷ゆきえ市議とかたひらえみ(市党女性・青年相談室長)さん、岡崎ひろし市議も同行し、新年のごあいさつと市政報告をしました。

家族連れが多く、いつもより温かい声援に、励まされました。

元旦宣伝 (左から)かたひらえみさん 井谷ゆきえ市議 岡崎ひろし市議

ありがとうございました。

 

【新人 かたひらえみさん】擁立決定! 2019年4月の新居浜市議選

【★お知らせ★】

来年4月に行われる統一地方選挙の新居浜市議選(定数26)に、現職の井谷ゆきえ市議と、新人・かたひらえみさん(日本共産党新居浜市委員会・女性青年相談室長)の二人を擁立することを決定しました。

井谷ゆきえ市議
かたひらえみさん

 

日本共産党は、現有2議席確保へ、全力を挙げてまいります。

****************

【井谷ゆきえ氏 プロフィール】

西条高校、岡山大学法文学部文学科卒。36年間、中学校・小学校の教諭。現在、市議1期目。新居浜市議会福祉教育委員、都市基盤整備特別委員。日本共産党東予地区委員。65歳。

 

【かたひらえみさん プロフィール】

福岡教育大学卒。新居浜市放課後児童クラブ指導員、市職員組合書記。コープえひめ理事などを歴任。現在、日本共産党准県委員、東予地区委員。50歳。

 

なお、5期、市議会議員として奮闘をつづけてきた岡崎ひろし市議は、勇退することとなりました。

(左から)かたひらえみさん 岡崎ひろし市議

 

 

 

 

 

みなさま、たいへんお世話になりました。
今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

【衆院愛媛3区 国田むつみ予定候補】が新居浜市内で宣伝! 2017.9.26

2017年9月26日(火)

次期衆院3区予定候補の国田むつみさんが、午前中から新居浜入り。

井谷ゆきえ市議とともに、大生院地域を回り4カ所で訴えました。

国田むつみさん(地区党国政対策委員長)と井谷市議

国田むつみさんは、「首相が、28日の国会冒頭で解散すると表明しました。国民の多くが不審に思っている加計・森友問題にフタをしたまま、国会を解散することは、これらの疑惑が国会で追及されることを恐れたものだと、私は思います。日本共産党は、疑惑追及のため、全力をつくします」と訴え。

「総選挙が安倍政権の暴走政治への審判となるよう、みなさんのお力をお貸しください。北朝鮮問題では、軍事衝突は絶対に避けなければなりません。戦争にしてはなりません。そのためには、アメリカと北朝鮮に、自制を求めるとともに、唯一の被爆国日本が、両国による直接対話のパイプ役として交渉することが求められています。また、核兵器禁止条約には、すでに初日だけで50か国以上が署名しています。拒否している日本政府に、署名を求めていこうではありませんか。北朝鮮に核開発をやめさせるためにも、署名できる政府を、ご一緒につくっていこうではありませんか」と、強く訴えました。

「自衛隊は、外国に行かせたらいかん。がんばってんよ」と、ずっと聴いてくれた女性。遠くから、畑仕事の手を休めて、声援を送ってくれたみなさん、ありがとうございました。