タグ別アーカイブ: 野党共闘

【国田むつみ・衆院愛媛3区候補を国会へ!】 泉川で個人演説会

2017年10月19日(木)夜、新居浜市泉川地域で、国田むつみ(衆院愛媛3区候補)の個人演説会を開催いたしました(主催:日本共産党新居浜市委員会)。

1019個人演説会

野党共闘で新社会党愛媛県本部副委員長の高橋章哲・西条市議も来賓であいさつしていただき、「なんとしても国田むつみさんを国会へ!」と、約40名が参加しました。

**************

国田むつみ個人演説会は、最終盤に差し掛かった緊迫した情勢のもと、19日に開催しました。

まず、高橋章哲・新社会党愛媛県本部副委員長が、

「庶民の声を代弁してくれる国田むつみさんのような方に、国会へ行っていただこうではありませんか。私もがんばります!」と激励の言葉。

高橋章哲氏(新社会党県本部副委員長・西条市議)

 

次に、日本共産党愛媛県委員会から小倉誠一郎氏があいさつ。

小倉誠一郎氏(日本共産党愛媛県委員会)

「野党共闘に全力を傾けてきた日本共産党の値打ちに確信をもって、国田むつみさんの支持を広げにひろげよう」と述べました。

 

いよいよ国田むつみ候補の演説。

国田むつみ氏(愛媛3区候補)

「数々の強行採決、暴言、国政私物化…安倍政権はほんとうに許せませんね。四国初の女性候補として、どうか私を、みなさんのお力で国会へ送り出してください!そして、白川よう子さんをなんとしても国会へ!よろしくお願いいたします」と力強く述べました。

 

愛媛3区選対からは、松木一雄さんが、

松木一雄氏

「四国から、女性の国会議員を出そうではありませんか!『比例は日本共産党』の声を大きく広げてください」と訴えました。

最後に、みんなで「ガンバロー三唱」、元気に締めくくりました。

(左から)小倉氏、国田氏、高橋氏、伊藤氏

ご参加・ご支援ありがとうございました。

最後までのご支援、よろしくお願いいたします。

 

【力あわせ、未来ひらく。】新しい時代をさらに前へ! -伊豆で党大会開催!(1/15~18)

日本共産党の第27回党大会が、1月15日~18日の4日間、静岡の伊豆学習会館で開かれています。

初日15日には、野党共闘で固くつながった民進党・自由党・社民党・参院会派・沖縄の風の代表が参加し、それぞれがあいさつ。沖縄の翁長雄志知事、岩手の達増拓也知事、新潟の米山隆一知事からのメッセージもありました。

では、ご覧ください。

まずは、野党代表のあいさつです。

  • 民進党代表代行・安住淳さん
  • 自由党代表・小沢一郎さん
  • 社民党党首・吉田忠智さん
  • 沖縄の風代表・糸数慶子さん

その後、5氏が壇上に上がり、「安倍政権打倒へ、野党がスクラム組んでがんばろう!」と、小池晃書記局長の音頭で「がんばろう三唱!」 割れんばかりの拍手が長く続きました。

 

いよいよ、志位和夫委員長が中央委員会の報告。

それでは、腰を据えて。どうぞご視聴ください。

「野党と市民の共闘が、色とりどりの『多様性』を相互に尊重し、相互にリスペクトをもって、国民的大義で結束するならば、『多様性』こそが『強み』になる。この『強み』で、力あわせ未来ひらこう」 by志位さん

ご視聴、おつかれさまでした。

 

【3の日!アベ政治を許さない!】東予地区委員会前でアピールしました(新居浜)

安保法制が強行採決されてから、もうすぐ1年となる9月3日。

澤地久枝さんらが呼び掛けた全国一斉の「アベ政治を許さない」アピール宣伝(毎月3日の午後1時~1時半)に、連帯参加しました。

20160903%e3%82%a2%e3%83%94%e3%83%bc%e3%83%ab-2

日曜日にもかかわらず、早くから集まってくれたみなさん、おつかれさまでした。

ハンドマイクも使い、、一色地区委員長はじめ、3名がリレートークしました。

 

これは、だれでも気軽に参加できる、全国一斉の宣伝です。

【澤地久枝さんHP】

 

大企業・大金持ちに甘く、庶民の福祉や医療、教育に冷たいアベ政権。

国民が、「しょうがない」と我慢ばかりして黙っていたら、さらにひどくなるばかり。

ひとりでもふたりでも、意思を表明しようではありませんか。

来月は、10月3日(月)13:00~13:30です。

 

 

 

(((参院選へのご支援・ご協力ありがとうございました)))

愛媛選挙区では、市民と野党が共同して統一候補を立ち上げ、元衆院議員の ながえ孝子さんが各地で善戦しましたが、惜しくも次点となり敗れました。

ながえ孝子さん 318,561票

○山本順三さん  326,990票(当選)

最後までご支援・ご協力してくださった支持者のみなさん、地域のみなさまに心からのおわびと感謝を申し上げます。

***************************

しかし、全国では、32の一人区(選挙区)で、なんと11人もの方が当選!

青森、岩手、宮城、山形、福島、新潟、山梨、長野、三重、大分、沖縄の各県のみなさま、市民と野党の共同で自民党を抑えることができて、本当にすごい。

***************************

日本共産党の候補では、東京選挙区の山添拓さんが早々と当選しました!

【日本共産党と野党統一候補の当選者名】 ※日本共産党中央委員会

比例区では、5名が当選。日本共産党全体では、6,014,847票のご支持をいただきました。

市田 忠義さん

田村 智子さん

大門 実紀史さん

岩渕 友さん

武田 良介さん

以上です。

中四国を駆け巡って日本共産党の支持をかつてなく広げた春名なおあきさんは、惜しくも敗れました。残念です、悔しいです。

*************************

参議院選挙で合計3分の2の議席をとった自公政権の暴走は、これからどんどん夏に向けて激しさを増すかもしれません。

自衛隊員が戦場へ行かされ、現地で殺し殺されることになる安保法制。

「その時」になってから「あのとき投票に行っていれば。。」と後悔することのないように。

あの戦前に、戻ることのないように。

今回実らせた「市民と野党の共同」を継続・発展させ、「日本を戦争する国になんかさせない!」と意見表明する人を、ひとりでも増やす努力をしていきます。

ずっと「戦後00年」を継続していこうではありませんか!

 

 

 

 

 

【7月5日は春名なおあきさんが愛媛入り!】 四国中央市・新居浜市・西条市で街宣と演説会!

7月5日(火)愛媛では、朝からじりじりと夏の日差しが照りつけました。

 

春名なおあき比例候補が、四国中央市から西条市、新居浜市を駆け抜けました。

四国中央市では、JAおいでや市に45名、ジャジャうま市には30名が集まり街宣に聞き入りました。

2016.7.5 JAおいでや市にて 春名比例候補

「みなさんの一票で、政治を変えることができます!」

「だれの一票の重さも同じ、あきらめずにみんなのための政治を、いま、取り戻すチャンスです。がんばりましょう!」

2016.7.5 ジャジャうま市にて 春名比例候補とみなさん

力強い春名なおあき比例候補の演説に、聞いている後援会のみなさんも元気づけられました。

 

西条市紺屋町商店街では、30人もの後援会のみなさんとともに、街宣と練り歩き。

2016.7.5春名街宣 西条2

長いシャッター通りの中でも、ふんばって営業されている中小企業のみなさんにごあいさつ。

西条市紺屋町商店街 春名比例候補と練り歩き

春名さんの「消費税増税は、きっぱりやめさせましょう!」との訴えに、「がんばってください!」の声援を受けました。

 

新居浜市西の端交差点と裁判所前交差点での街宣には、あわせて15名が春名なおあきさんをひとめ見ようと集まってくれました。

春名なおあき比例候補 新居浜市西の端交差点にて

春名比例候補 新居浜市裁判所前にて 2016.7.5

 

夕方から夜にかけては、新居浜市内の3か所で個人演説会。

あわせて116名の参加者でした。

2016.7.5大生院公民館
大生院公民館 春名なおあき個人演説会
若水自治会館 春名なおあき個人演説会
若水自治会館 春名なおあき個人演説会

そのうち、浮島公民館には、ながえ孝子選挙区候補も飛び入り!

「たいへんきびしいたたかいですが、みなさんのお力をお借りして、残る6日間を、全身全霊、死にものぐるいで全力を尽くします!」

と力を込めました。

ながえ孝子 参院愛媛選挙区候補 2016.7.5
ながえ孝子 参院愛媛選挙区候補

日本共産党の田中克彦県議も、松山から駆けつけ、

田中県議
田中県議

「実は、ながえさんとは3回も選挙でたたかった仲です。参院選では、野党と市民の共同で、平和をまもりたい、そのためにもぜひ、みなさんのお力で、ながえ孝子さんを国会へ送り出してください。そして比例は日本共産党とお書きください」

と熱くお話し。会場に熱気が広がりました。

 

春名なおあき比例候補は、日本共産党の『3つのチェンジ』について紹介。2016.7.5浮島演説会3

「税金の集め方、使い方、働き方を変えていけば、国民のくらし・いのち優先の政治にすることができます。みなさんのお力で、なんとしてもながえ孝子さんと私を、国会へ送り出してください!」

と力をこめました。

最後にながえ孝子さんと手をつなぎ「団結がんばろう!」でしめくくりました。2016.7.5浮島演説会2

各地域での、演説会・街宣へのご参加やご協力、ありがとうございました。おつかれさまでした。

支持者のみなさん、参院選投開票日まで、気を抜かずあきらめず、体をいたわりながら声掛け合い、がんばりましょう!