タグ別アーカイブ: 青木永六

青木・三好・ひだかの3候補が全力!  11月は四国中央市議選 【愛媛民報9/25付】より転載

「市民の命・くらし一番の市政へ」  ---2016.9.25「愛媛民報」より転載

 

四国中央市議選(定数4減の22)は11月6日に告示(13日投票)されます。

日本共産党から、現職の青木永六(66)=党市議団長=、三好ひとし(64)=市政対策委員長=と、新人の、ひだか裕輔(35)=党市青年対策委員長=の3氏が立候補し、現有3議席の確保をめざします。

党市議団は「市民の命・くらし一番の市政へ」と議案提案権も活用して、市民文化ホールの大幅縮小など市民の願い、要求実現に奮闘。

「なくてはならない日本共産党の3議席を」と国保料引き下げ、高校卒業までの医療費無料化などの公約を掲げて全力を上げています。

%e9%9d%92%e6%9c%a8
青木永六市議
%e4%b8%89%e5%a5%bd
三好ひとし市議
%e9%a3%9b%e9%b7%b9%e3%83%93%e3%83%a9%e7%94%a8
ひだか裕輔氏

選挙戦は、定数が4減らされるなか、現職20人、元職1人、新人5~6人の合わせて26~27人の立候補が予想され、4~5人はみ出しの多数激戦となる見込みです。

四国中央市は、老朽化した三島給食センターの移転・大型化をしようとしており、全市の学校給食をセンター化するために、川之江の自校方式つぶしがねらわれています。

総額80億円の超豪華な市民文化ホール建設は、市民の運動で約48億円へと大幅な縮小に追い込まれましたが、市には、耐震化を名目に、市役所庁舎、水道局施設建て替えなど大型事業が目白押しです。

これらの施策を篠原実市政は、国や県、前市長言いなりですすめています。

こうした市政に対し議会は、日本共産党の3議席を除きオール与党で、市長提案に100%賛成してきました。

オール与党は、消費税増税中止を求める請願、市民文化ホール追加予算を削減する修正案にすべての議員が反対する一方、特別養護老人ホーム豊寿園の無償譲渡にはすべての議員が賛成しました。

07c_0004

日本共産党市議団は、

「常に市民の利益第一で、住民の声を市政に届ける」

「どんな権力にも屈せず、市民とともに市政の監視役・チェック役を果たす」

と議案提案権も行使して奮闘。

中学校卒業までの子どもの医療費無料化は県内の市で初めて実現し、全県に広げるリード役を果たしました。

県内でトップクラスの高い国保料を4年前、7%引き下げ。

住宅リフォーム助成制度も実現。

ことしの当初予算では打ち切られましたが、6月議会で予算を復活させました。

県立三島病院の民間病院への移譲にともない、三島地区より西には中核病院がなくなりました。

早期建設を求めて、議会で要望するとともに県にも申し入れを行っています。

02c_0015

日本共産党市議団は、市長の提案や市の諮問機関の答申をうのみにせず、独自調査や分析で、市政のゆがみや税金の使い方をきびしくチェック。

市民文化ホール建設問題では、独自調査や分析を徹底的に行い、当初の予定価格を24億円も上回る80億円にもなる超豪華なホールであることを明らかにし、全市民アンケートを2度も実施。

大幅な計画見直しを求める市民の声を議会に届け、

「現計画を白紙に戻し、市民の求めている実現可能な機能・施設規模を早急に再検討する」

との篠原市長の答弁を引き出しました。

市民との共同の力が市政を動かしました。

07c_0005

議会改革にも力を入れ、これまで1議員20分だった質問時間を1時間に延長させました。

党市議団は、議会ごとに「民報宇摩」を発行し、全戸配布して議会報告を行い、市民に開かれた市議会のけん引役を果たしています。

08c_0049

四国中央市役OBの男性は、

「川之江市役所に勤めていて、合併も経験しました。市長や市議には、お金の使い方を真剣に考えてほしい。市民文化ホールでは共産党はよくがんばったと思います。私は、あれはなくてもよいと思っていました。これから四国中央市はますます大変になります。高齢化と人口減少です。国保料や介護保険料の高さは県内1,2でしょう。それなのに市は、市庁舎や川之江市民会館など建物の建て替えを次々と計画しています。箱物ラッシュです。私は、無党派市民ですが、共産党の『市民の命・くらし一番の市政』は大賛成です。お金をどこに使うか、弱者のためにぜひ使ってほしい」

といいます。

 

寒川町の藤井秀利さん(65)は、

「日本共産党の議員は、自分のことは放っておいても、人のために尽くす。この姿勢が本当にすばらしい。しかも中途半端にせず、最後まで責任をもって解決してくれる。市民にとってかけがえのない存在です。今回の選挙でも、必ず3人全員が出てもらいたい」

と日本共産党への期待を語ります。

08c_0065

3候補は、

「『命・くらし一番の市政』をめざし、市議会が行政のチェック役を果たせるよう、市民のみなさんとスクラムを組んでがんばります」

と訴え。

◎国保料の引き下げ

◎介護の負担軽減

◎高齢者社会保障負担軽減

◎高校卒業までの医療費無料化

◎公契約条例の制定

◎住宅リフォーム助成制度の充実

◎デマンドタクシー改善

◎学童・児童クラブの充実

――を公約に掲げて奮闘しています。

*************************

以上「愛媛民報9/25付」より転載。

 

【青木えいろく事務所びらき】 2016.9.18 日本共産党☆四国中央市委員会

2016年9月18日午後、四国中央市内で「青木永六事務所びらき」がおこなわれ、会場あふれる105人が参加しました。

司会は、白石さん。

開会あいさつで三谷つぎむ市議は、「青木永六さんは、四国中央市の日本共産党3議席のまとめ役としてこの4年間、がんばってこられました。地域要求実現の代表として再び市議会へ送り出してください」

と訴えました。

07c_0001

つぎに、小倉誠一郎・日本共産党愛媛県委員会常任委員が、

「故・藤井市議の選対責任者としてずっとがんばってこられ、市議になってからは、国政の防波堤として市民のくらし・福祉を第一に日夜がんばってこられた青木永六さんです。なんとしても、市議会へ送り出してほしい」

とあいさつ。

 

つづいて、東寒川自治会長のメッセージを副会長さんが読み上げた後、藤井後援会長があいさつ。

「日本共産党の3議席は、市民にとって『なくてはならない』議席です。どうか、みなさまのお力をお貸しください」

と訴えました。

 

いよいよ青木永六市議の登壇です。

「みなさまのおかげで、この4年間、三谷つぎむさん、三好ひとしさんとの3議席の力を発揮して住民の要求実現のためにはたらくことができました。この3議席以外は、『なんでも市長の提案にすべて賛成』のオール与党です。市議は、議会のチェック役です。その役目を忘れ、ただ手を挙げて賛成するだけの議席でいいのでしょうか?」

と問題を提起。

aoki
青木永六市議

市民のいのち・くらし一番の市政にするために、

◎国保料を一人一万円引き下げます (必要な予算は2億円)。

◎高齢者の社会保障負担を軽減します (市独自の助成を)。

◎高校卒業までの医療費無料化 (必要な予算や約3800万円)。

◎公契約(こうけいやく)条例の制定 (まともな労働条件と賃金を保障)。

◎住宅リフォーム助成制度の充実を (補助金額の増額を)。

◎介護の負担軽減 (介護保険料・利用料の引き下げ、国民年金で入居できる老人施設を)。

◎デマンドタクシー改善 (もっと利用しやすく)。

◎学童・児童クラブの充実 (安心して預けられる態勢を)。

04c_0022

以上の公約と、決意をのべました。

 

つぎに、統一選対から一色一正・東予地区委員長があいさつ。

ーー今回の選挙の特徴は三つあります。

一つは、市民の政治的関心が高い中での選挙だということです。国政でも地方政治でも「政治は変えられる」という、確信が広がっている中での選挙だからです。

二つは、定数が26から22へとなり、当選ラインが上がって、一票を争う激しい選挙となります。一方で、「大丈夫論」がふりまかれる恐れのある選挙でもあります。なくてはならない市民の議席として、突破しましょう。

三つ目は、アベ暴走政治の矛盾が激化し、日本共産党への期待の高まっている中での選挙として、確信をもってがんばりましょう。

 

そこで、みなさまに、二つのお願いがあります。

ひとつは、10月8日(土)19:00~三島福祉会館で開催する演説会に来てほしいということです。弁士は、仁比そうへい参院議員です。ひとりでも多くの方に聞いていただきたいと思っています。

もうひとつは、支持をお広げいただきたいということです。

ここに来てくださったお一人おひとりのみなさんが、5人、10人、20人と支持をお広げくだされば、必ず、必ず当選につながります。

なんとしても、日本共産党の3議席を守りぬくため、どうかみなさんのお力をお貸し下さい。

ーーと、訴えました。

 

最後に閉会あいさつを、島さんから。

「10月8日、仁比さんを迎えての演説会に、ぜひ、ご参加ください。青木永六さん当選のため、私もがんばります!」

としめくくりました。

09c_1049

会場からあふれだした参加者は、ドアをはずして対応。ソファーで聞いていただいた方も。

ご参加ありがとうございました。